岡山県のクマ出没目撃情報('17.5.23)

日時:2017年5月12日 09時00分ころ
住所:津山市加茂町戸賀
状況:イノシシ捕獲用の檻による錯誤捕獲。後にタグを付けるなどして放獣
特徴:体長130センチ、体重約40キロのオス。推定7~8歳
※今年に入り同地区では初の捕獲
---------------------------------------------------
日時:2017年5月12日 23時00分ころ
住所:和気町本
状況:子グマ2頭徘徊。体長約90センチ
動画ニュース:YouTube
---------------------------------------------------
日時:2017年5月14日 深夜
住所:和気町本
状況:子グマ1頭徘徊。体長約90センチ
---------------------------------------------------
日時:2017年5月15日 時間不明
住所:真庭市蒜山
状況:クマらしき動物の目撃情報



theme : クマ出没情報
genre : 趣味・実用

tag : ツキノワグマ 月の輪熊 クマ 岡山 津山市 和気町 真庭市 蒜山 錯誤捕獲 放獣

岡山県のクマ出没目撃情報('17.4.24)

日時:2017年4月6日 時間不明
住所:奈義町
状況:シカ用のネットにクマが掛かっていた
---------------------------------------------------
日時:2017年4月21日 11時40分ごろ
住所:美作市奥大谷
状況:1頭徘徊。体長約100センチ

昨年度は岡山県内で過去最多の237件の出没情報があったことから、県や市は警戒を呼び掛けている。
県内で昨年度にあったツキノワグマの出没情報のうち、直接の目撃情報は90件、捕獲は41頭。美作市では134件の出没情報中、目撃37件、捕獲27頭。
春は冬眠から覚めたクマの活動が活発になる時季で、市森林政策課は「どこにでも出没する可能性があるので十分注意してほしい」と話しています。



theme : クマ出没情報
genre : 趣味・実用

tag : ツキノワグマ 月の輪熊 クマ 岡山 奈義町 美作市 冬眠 件数 捕獲 山菜採り

岡山県のクマ出没目撃情報('16.10.18)

ツキノワグマ7頭相次ぎ捕獲 岡山県北東部、「厳重警戒を」 - Yahoo!ニュース

岡山県北東部の美作市、西粟倉村で15日、ツキノワグマ7頭の捕獲が確認されたことが、県美作県民局勝英地域事務所などへの取材で分かった。7頭のうち4頭は人里近くで見つかり、人に危害を及ぼす危険性が高いとして、県のツキノワグマ保護計画に基づき殺処分した。けが人の報告はない。

県や地元猟友会によると、捕獲された場所は南北約8キロの範囲内で、同じ日に近隣地で確認された頭数としては極めて異例。今季はドングリの生育が高地よ り低地で良好とされ、クマが餌を求めて山中から人里のある低地へと下りてきている可能性がある。県は厳重な警戒を呼び掛けている。

勝英地域事務所などによると、美作市東粟倉地区で4頭、西粟倉村で3頭が有害鳥獣用などのわなに掛かっているのが見つかった。わなは定期的に点検してお り、7頭は13日から15日夕にかけて捕獲されたとみられる。雄3頭、雌4頭で体長約90~142センチ、体重は15~110キロ、年齢は1歳から10歳以上と推定される。

県の依頼を受け、現地調査をした県環境保全事業団の委託調査員・矢吹章さん(67)=岡山市=は「これまでも美作市や西粟倉村で目撃が相次いでいたが、 今年は異常。森林伐採による食料不足、クマの増加などが考えられる」と指摘。「山に入るときは音を出す物を身に着けるなど警戒を忘れずに。特に子連れのクマは危険。子グマを見たら慌てず騒がず立ち去ってほしい」と呼び掛ける。

県のまとめでは、本年度は9月末までに県内で目撃情報が109件、捕獲が14頭に上っており、年間199件、61頭と過去最多だった2010年度の同時期(65件、5頭)を大きく上回っている。

県は現行のツキノワグマ保護計画(12~16年度)で、集落などに繰り返し出没▽人身被害の危険性が高い場所に出没▽市町村から駆除申請が出ている―などを条件に殺処分を認めている。


津山でツキノワグマ被害か 住民飼育の子ヤギ襲われ死ぬ - 山陽新聞デジタル

津山市宮部上の山あいで住民が飼育していた子ヤギ1匹が大型の動物に襲われ、死んでいたことが16日分かった。同市久米支所によると、周囲にクマがいたとみられる痕跡があり、ツキノワグマによる被害とみて、岡山県美作県民局の専門職員らが17日に現地で詳細を調べる。

子ヤギは体長40センチ、体重20キロほど。畜産業を営む男性(41)=同所=が、自宅から約2キロ離れた真庭市との境の矢倉山(659メートル)中腹にある畑の一角でつなぎ飼いをしていた。15日午前7時ごろ、畑を訪れた男性の妻(41)が、腹部から背中にかけて鋭いものでえぐられたような状態で死ん でいるのを発見した。

連絡を受けた県猟友会津山支部会員や久米支所職員が16日午前、畑周辺で大型獣のふんや爪痕を複数確認。死骸は、15日の発見直後に妻らが畑に埋めていたが、掘り返された跡もあった。同支所は「傷の大きさ、深さから野犬やイノシシの仕業とは思えない。現時点では断定できないが、クマに襲われた可能性が濃 厚」としている。

現場はJR姫新線坪井駅(津山市中北上)の北西約6キロ。同じ県北の作州地域では、美作市東粟倉地区と西粟倉村で15日、ツキノワグマ7頭の捕獲が確認されたばかり。県は厳重な警戒を呼び掛けている。



theme : クマ出没情報
genre : 趣味・実用

tag : ツキノワグマ 月の輪熊 クマ 岡山 美作市 西粟倉村 錯誤捕獲 津山 有害鳥獣 子連れ

カレンダー
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

坊主岩 太郎

Author:坊主岩 太郎

最近の記事
クマ出没目撃情報はコチラへ
皆様からの耳よりの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報はそのまま記事に反映させていただきます。
必ずクマ目撃の「日時・住所」をお書き添え下さい
(例:2016年10月1日 午前10時ごろ ○○県■■市△△町○○)
掲載までに時間がかかる場合があります。予めご了承下さい
防災無線・回覧板・新聞記事もOK

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
クマ関連グッズ等
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
スポンサードリンク
カテゴリ(都道府県別)
備えあれば憂いなし
RSSフィード
QRコード
QRコード