和歌山県のクマ出没目撃情報('13.1.23)

日時:2013年1月18日 9時20分ごろ
場所:有田川町遠井
状況:
イノシシ捕獲用のワナにツキノワグマ1頭が掛かる(錯誤捕獲)。
体長128センチ、体重42キロのオス。推定年齢は15歳。
現場は道の駅「あらぎの里」北側約1キロの山中。
耳に標識が付いており、2010年12月にも同町粟生地区で捕獲されたクマという。
周辺では今月に入りクマの目撃情報が5件相次ぎ警戒を呼びかけていた。
同日夕方、麻酔薬で眠らして奥山に運び、唐辛子スプレーを吹きかけ、放獣(学習放獣)。
和歌山県は、レッドデータブックでツキノワグマを「絶滅危惧1類」に分類し保護しています。


登山アプリ-DIY GPS - keiji matsumoto
登山アプリ-DIY GPS - keiji matsumoto



0 Comments

Post a comment