石川県のクマ目撃出没情報('18.2.7)

日時:2017年12月9日 13時40分ころ
住所:金沢市西市瀬町
状況:人身被害

石川県道207号倉谷土清水線の鷹の巣トンネル東方の山中でクマの猟をしていた男性がクマに襲われ、顔や腕にけが。
男性は午後1時半ごろから、地元の猟友会のメンバーと一緒に10人ほどでクマの狩猟をしていて、ひとりひとりが離れて行動をしていたところ、クマに襲われたという。
現場の近くに住む男性は、「家の近くでクマが出たのはことしは初めてで、とても怖いです。ふだん犬の散歩で通る道なのでコースを変えようと思います」と話す。
男性がクマに襲われたことを受けて、金沢市は、現場近くにクマの捕獲用のおりを新たに設置したほか、地元の住民に対して、メールなどでクマに注意するよう、呼びかけています

---------------------------------------------------
日時:2017年12月10日 09時45分ころ
住所:羽咋市柳田町
状況:子グマ1頭徘徊
現場:朱鷺の台カントリークラブ付近(朱鷺の台跨道橋の南側)
---------------------------------------------------
日時:2017年12月14日 10時25分ころ
住所:宝達志水町清水原
状況:1頭徘徊
現場:石川県道305号所司原神子原線

0 Comments

Post a comment