三重県のクマ目撃出没情報('18.5.14)

日時:2018年5月8日 朝
住所:熊野市新鹿町
状況:イノシシ捕獲用の檻による錯誤捕獲。後に電波発信器を付けて同市飛鳥町の山中に放獣
特徴:体長約100センチ、体重52キロのオス。推定4~5歳
※県と市は今後約1週間は1日2~3回、付近をパトロールして発信器からの電波を調べ、クマが集落などに接近していないか確認するという
※県は条例でツキノワグマを希少動物として保護している

0 Comments

Post a comment