【クマによる人身被害】青森市合子沢【キノコ採り】

日時:令和5年10月12日 14時30分ごろ 
住所:青森県青森市合子沢松森 
状況:ツキノワグマによる人身事故が発生 

キノコ採りをしていた70代の男性が突然背後からツキノワグマに襲われ、頭部や親指の骨を折る大けが。
男性は自力で自宅近くの交番を訪れ被害を申告。救急車で市内の病院に搬送された。命に別条はない。
男性は「キノコを探していて顔を上げると目の前にクマがいて、直後に走り寄ってきて襲われた」と話しているという。
クマは体長120センチほどの成獣とみられ、男性が抵抗すると逃げたという。
現場は青森公立大学と八甲田憩いの牧場の間。道路からおよそ5メートルの山林。
今年度、県内でのクマによる人的被害は9件目(10人けが)。また、クマの目撃件数が10月9日現在で726件。
県はツキノワグマの出没警報を出していて、クマに遭遇した場合は背中を向けずゆっくりと静かに後退するように呼びかけています。 

0 Comments

Post a comment