【ヒグマによる人身被害】北海道福島町・大千軒岳【ナイフで応戦!】

日時:令和5年10月31日 09時30分ごろ 
住所:北海道福島町千軒 
状況:ヒグマによる人身事故が発生 

日本三百名山のひとつ「大千軒岳」(標高1072m)の登山道で、登山中の男性3人が体長約170センチのクマに襲われ、2人が脇腹や首を引っかかれたり、脚をかまれたりして負傷。1人がナイフで応戦して追い払い、3人とも自力で下山したという。
男性3人は登山道を一列で歩いていた際、最後尾にいた男性が最初にクマに襲われ、先頭にいた別の男性も助けようとした際にけがをした。先頭の男性が持っていたナイフでクマに反撃すると、逃げ去ったという。
ケガをした2人は木古内町などの病院で治療を受けたという。いずれも軽傷のもよう。
今年度、道内でのヒグマによる人的被害は5件目(5人けが/死亡1人)。
今回の人身被害を受け、北海道は福島町千軒(大千軒岳登山道周辺及び住川地区)にヒグマ注意報を発令した(10月31日〜11月30日)。

0 Comments

Post a comment