【クマによる人身被害】岩手・八幡平市野駄【猟友会員】

日時:令和5年11月8日 06時50分ごろ 
住所:岩手県八幡平市野駄第2地割 
状況:熊による人身事故が発生 

山林で、イノシシ捕獲用のくくりわなを見回っていた猟友会の男性が、このわなにかかっていた成獣のツキノワグマ1頭に顔と背中を引っかかれた。
岩手県警岩手警察署によると、わなは何らかのはずみではずれ、襲われたという。
男性は自力で帰宅し、家族が119番通報。ドクターヘリで矢巾町の岩手医大高度救命救急センターに搬送された。命に別状はないという。
現場は前森集落センターから南西に約1.3kmの岩津張国有林内。
今の時期は冬眠を前にクマの活動が活発になっているとみられ、県は、山に入る場合や農作業をする際などは警戒するよう呼びかけています。 

0 Comments

Post a comment