【クマによる人身被害】石川・白山市

日時:令和5年12月16日 09時56分ごろ ~ 14時10分ごろ
住所:石川県白山市安養寺町、白山市鶴来桑島町 
状況:熊による人身事故が発生(男女3人が相次いで襲われた) 

1件目(白山市安養寺町) 
9時56分ごろ、住宅に隣接する倉庫の前で野菜の仕分け作業などをしていた家人の女性がツキノワグマ1頭に襲われ、顔や左腕を引っ掛かれた。
家族が119番通報し、女性は内灘町の金沢医科大病院に搬送された。重傷だが、命に別状はないという。
現場は鶴来総合文化会館クレインの北方。

2件目(白山市安養寺町) 
12時35分ごろ、1件目のすぐそばの住宅で男性が車庫のシャッターを開けたところ、出てきたツキノワグマともみ合いになり、側溝に転落。顔や腕、太ももにけがを負った。命に別状はない。

3件目(白山市鶴来桑島町) 
14時10分ごろ、1、2件目の現場から約200m離れた住宅で、玄関のドアを開けて入ろうとしたところツキノワグマに襲われ、顔、肩、ひざにけがを負った。軽傷のもよう。
現場は桑島神社付近。

駆除(白山市部入道町)
熊は隣接する野々市市上林1丁目の老人福祉施設「百々鶴荘」の敷地内に侵入するなど逃げていたが、猟友会が17時ごろ、3件目の現場から約300m離れた白山市部入道町で駆除した。体長約130センチ、体重80~90キロの成獣。
白山警察署や市などは、襲われた男性の証言と、午後の同じ時間帯にクマの目撃情報が複数あったことなどからもう1頭いるとみている。
今年度、県内でのクマによる人的被害は3件目(5人ケガ)。 

0 Comments

Post a comment